BLOG 



2024.06.06(木)

| BLOG |

NEW

   ラ・フォル・ジュルネ 演奏動画公開 YOUTUBE


2024年5月5日の演奏動画が公開されました。

前半のストラヴィンスキーイタリア組曲を私のYOUTUBEチャンネルにて後半をPTNAさんのYOUTUBEで公開しています。

また、ラフォルジュルネ全体の活動報告レポートは、下記詳細からもご覧いただけます。


詳しくはこちら

NEW

2024.06.06(木):BLOG

ラ・フォル・ジュルネ 演奏動画公開 YOUTUBE


2024年5月5日の演奏動画が公開されました。

前半のストラヴィンスキーイタリア組曲を私のYOUTUBEチャンネルにて後半をPTNAさんのYOUTUBEで公開しています。

また、ラフォルジュルネ全体の活動報告レポートは、下記詳細からもご覧いただけます。


詳しくはこちら

2023.10.11(水)

| NEWS |

NEW

   日本音楽財団 ランチタイムコンサート


出演:柳田茄那子 居福健太郎  

開演 12:00-12:50(40分程度)

場所:日本財団バウルーム 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル1階ロビー

プログラム未定


詳しくはこちら


NEW

2023.10.11(水):NEWS

日本音楽財団 ランチタイムコンサート


出演:柳田茄那子 居福健太郎  

開演 12:00-12:50(40分程度)

場所:日本財団バウルーム 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル1階ロビー

プログラム未定


詳しくはこちら


2022.09.30(金)

| NEWS |

NEW

   デビューCD『Suono Eterno』 発売(9/30)、配信開始(10/7)のお知らせ


柳田茄那子ファーストアルバム『Suono Eterno』がレーベルOMFより9/30に一般発売、ナクソス・ジャパンにて販売開始となります。配信は、10/7に開始です。お見逃しなく!

*ご購入は、下記『詳しくはこちらから』から簡単にアクセスできます。

<CD詳細>

スオノ・エテルノ
柳田茄那子

フランツ・シューベルト(1797?1828)
ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ ニ長調 作品137 第1番
1. 第1楽章 Allegro molto 
2. 第2楽章 Andante
3. 第3楽章 Allegro vivace 

4. ヴァイオリンとピアノのためのロンド ロ短調

ウジェーヌ・イザイ(1858?1931)
無伴奏ヴァイオリンソナタ ホ短調 作品27 第4 番
5. 第1楽章 Allemanda 
6. 第2楽章 Sarabande 
7. 第3楽章 Finale 

武満徹(1930?1996)
8. 妖精の距離

ニコロ・パガニーニ(1782?1840)
9. 魔女の踊り 作品8

アーティスト:
柳田茄那子(ヴァイオリン)
居福健太郎(ピアノ)

録音会場:ONKIO HAUS
録音日:2021年9月13日-14日
録音フォーマット:24bit/96kHz
仕様:ジュエルケース仕様 曲目解説(日・英) 付き

ロンドンの英国王立音楽院と同大学院で学び、すでに数々の協奏曲やリサイタルで客席を魅了してきた柳田茄那子さんが、名ピアニスト居福健太郎さんとともに、さらなる高みに羽ばたく。20世紀を代表するヴァイオリニスト、ハンガリー出身のジョルジュ・パウクのもとで磨きをかけた基礎的な
メカニック、音楽的なテクニックが花開いたと評すべきか。日本音楽財団貸与の銘器ストラディヴァリウス Samazeuilh サマズィユの音色も、シューベルトと時空を超えた小品を組み合わせた選曲も素敵だ。
曲の様式美を嫌味なく、無理なく紡ぐヴァイオリンで、音楽の句読点に意を払ったフレージングが心地よい。古典組曲の構成に想いを寄せた鮮やかなイザイ、ドビュッシーの世界とも相愛の若き日の武満徹。いずれも聴かせる。彼女は、私が私がと主情を強く掲げた恣意(しい)的なヴァイオリンを弾かない。曲の表面をなぞることでよしとしない。(奥田佳道)


詳しくはこちら


NEW

2022.09.30(金):NEWS

デビューCD『Suono Eterno』 発売(9/30)、配信開始(10/7)のお知らせ


柳田茄那子ファーストアルバム『Suono Eterno』がレーベルOMFより9/30に一般発売、ナクソス・ジャパンにて販売開始となります。配信は、10/7に開始です。お見逃しなく!

*ご購入は、下記『詳しくはこちらから』から簡単にアクセスできます。

<CD詳細>

スオノ・エテルノ
柳田茄那子

フランツ・シューベルト(1797?1828)
ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ ニ長調 作品137 第1番
1. 第1楽章 Allegro molto 
2. 第2楽章 Andante
3. 第3楽章 Allegro vivace 

4. ヴァイオリンとピアノのためのロンド ロ短調

ウジェーヌ・イザイ(1858?1931)
無伴奏ヴァイオリンソナタ ホ短調 作品27 第4 番
5. 第1楽章 Allemanda 
6. 第2楽章 Sarabande 
7. 第3楽章 Finale 

武満徹(1930?1996)
8. 妖精の距離

ニコロ・パガニーニ(1782?1840)
9. 魔女の踊り 作品8

アーティスト:
柳田茄那子(ヴァイオリン)
居福健太郎(ピアノ)

録音会場:ONKIO HAUS
録音日:2021年9月13日-14日
録音フォーマット:24bit/96kHz
仕様:ジュエルケース仕様 曲目解説(日・英) 付き

ロンドンの英国王立音楽院と同大学院で学び、すでに数々の協奏曲やリサイタルで客席を魅了してきた柳田茄那子さんが、名ピアニスト居福健太郎さんとともに、さらなる高みに羽ばたく。20世紀を代表するヴァイオリニスト、ハンガリー出身のジョルジュ・パウクのもとで磨きをかけた基礎的な
メカニック、音楽的なテクニックが花開いたと評すべきか。日本音楽財団貸与の銘器ストラディヴァリウス Samazeuilh サマズィユの音色も、シューベルトと時空を超えた小品を組み合わせた選曲も素敵だ。
曲の様式美を嫌味なく、無理なく紡ぐヴァイオリンで、音楽の句読点に意を払ったフレージングが心地よい。古典組曲の構成に想いを寄せた鮮やかなイザイ、ドビュッシーの世界とも相愛の若き日の武満徹。いずれも聴かせる。彼女は、私が私がと主情を強く掲げた恣意(しい)的なヴァイオリンを弾かない。曲の表面をなぞることでよしとしない。(奥田佳道)


詳しくはこちら


2021.08.15(日)

| NEWS |

NEW

   日本音楽財団よりストラディバリウス 1735 [Samezeuilh]を貸与頂きました。


この度、日本音楽財団の楽器貸与審査に通過し、8月10日から9月30日までの期間、ストラディヴァリウス 1735年製『Samazeuilh』をお借りできること運びになりました。

目的としましては、9月に自身のソロアルバムの録音予定があり、そこで使用する予定です。

今週は、リハーサルなどを通して楽器にじっくり向かい合う時間をとり、楽器へのアプローチを深めています。演奏家にとってはとてもエキサイティングな時間と言えます(^^)/

この『Samezeuilh』は、名手ミッシャ・エルマン氏が弾いていたとのことで、私の印象としては彼のパフォーマンスの特徴でもある温かい上品な音色と奥ゆかしさを楽器から感じ取ることができます。

私は、ロンドン留学時代、アシュモリアン美術館のストラディバリウス展示会に訪れる機会があったのですが、アントニオ・ストラディバリウスは、後半、使用木材を変えていた、との記載を目にしたのを覚えています。

それゆえ、前半から中期は絢爛で輝かしい明るい音の楽器が多く、途中1730年あたりからは、より深みのある広がりと音色を持った楽器(デリジェスの影響?)が多いのではないかと理解しています。おもしろいですよね。

このSamazeuilhも晩年に近い楽器というのもあり、すごく音色があり弾いていると声のようになってくるので非常に興味深いです。

レコーディングで皆様にお届けできる作品をこの素晴らしい名器と臨めることに大変ワクワクしております。 ご期待ください(^^)/


詳しくはこちら

NEW

2021.08.15(日):NEWS

日本音楽財団よりストラディバリウス 1735 [Samezeuilh]を貸与頂きました。


この度、日本音楽財団の楽器貸与審査に通過し、8月10日から9月30日までの期間、ストラディヴァリウス 1735年製『Samazeuilh』をお借りできること運びになりました。

目的としましては、9月に自身のソロアルバムの録音予定があり、そこで使用する予定です。

今週は、リハーサルなどを通して楽器にじっくり向かい合う時間をとり、楽器へのアプローチを深めています。演奏家にとってはとてもエキサイティングな時間と言えます(^^)/

この『Samezeuilh』は、名手ミッシャ・エルマン氏が弾いていたとのことで、私の印象としては彼のパフォーマンスの特徴でもある温かい上品な音色と奥ゆかしさを楽器から感じ取ることができます。

私は、ロンドン留学時代、アシュモリアン美術館のストラディバリウス展示会に訪れる機会があったのですが、アントニオ・ストラディバリウスは、後半、使用木材を変えていた、との記載を目にしたのを覚えています。

それゆえ、前半から中期は絢爛で輝かしい明るい音の楽器が多く、途中1730年あたりからは、より深みのある広がりと音色を持った楽器(デリジェスの影響?)が多いのではないかと理解しています。おもしろいですよね。

このSamazeuilhも晩年に近い楽器というのもあり、すごく音色があり弾いていると声のようになってくるので非常に興味深いです。

レコーディングで皆様にお届けできる作品をこの素晴らしい名器と臨めることに大変ワクワクしております。 ご期待ください(^^)/


詳しくはこちら

2021.07.15(木)

| NEWS |

NEW

   東銀座バイオリンスクールをオープンしました。


本日7月15日(水)、かねてより準備を進めて参りました『東銀座バイオリンスクール』をオープン致しました。

🙇‍♀️

HP作成、立ち上げまでにご協力、アドバイス頂いた皆様、温かいレビューコメントを下さいました生徒様方に感謝申し上げます。

コロナ前から考えていたことではありましたが、パンデミックに突入し、一旦もう無理かな、、と諦めておりました。しかし、お世話になっている方々より叱咤激励頂き、やっと本日を迎えることができました。

ポストコロナにおいて少しでも音楽に携わる方々、学ぶ方々の未来が明るくなりますよう、微力ではありますが講師、演奏家として、そして何より芸術を愛する者として!これからも精進したく思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

公式HP https://higashiginza-violin.com/


詳しくはこちら


NEW

2021.07.15(木):NEWS

東銀座バイオリンスクールをオープンしました。


本日7月15日(水)、かねてより準備を進めて参りました『東銀座バイオリンスクール』をオープン致しました。

🙇‍♀️

HP作成、立ち上げまでにご協力、アドバイス頂いた皆様、温かいレビューコメントを下さいました生徒様方に感謝申し上げます。

コロナ前から考えていたことではありましたが、パンデミックに突入し、一旦もう無理かな、、と諦めておりました。しかし、お世話になっている方々より叱咤激励頂き、やっと本日を迎えることができました。

ポストコロナにおいて少しでも音楽に携わる方々、学ぶ方々の未来が明るくなりますよう、微力ではありますが講師、演奏家として、そして何より芸術を愛する者として!これからも精進したく思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

公式HP https://higashiginza-violin.com/


詳しくはこちら


2021.02.04(木)

| BLOG |

NEW

   Youtube動画をアップしました!


皆様ご無沙汰しております。

まだまだ心配な時期ではありますが、いかがお過ごしでしょうか。

今年入ってからはご挨拶が遅くなりまして失礼を致しました。

私は今のところ何のウィルスにも負けておりません〜!

が、1月中盤から若干首を痛めて整形外科通いをしておりました。今はすっかり治りましたが、昔左肩に起きた炎症など古傷をその都度調整しながらリハビリという名の整体に通っています笑

演奏の機会の方は、やはりコロナの影響でめっきり減ってしまって寂しいところです。

オーケストラに勤務しているわけでもないため、このようなときのソロのフリーランスは厳しいなあと思いながらも、暇になった時間を様々な分野の勉強に使えていることもあり、副業など始めながら新たな生活スタイルを始めております。

ありがたいことに教える仕事は生徒さん方が熱心に通ってくださって教えを絶やさずに続けられています。引き続き一生懸命指導を行なっていきたいものです。

さて、本日は本当に久しぶりに公式チャンネルの更新を致しました。

ヴァイオリンの右手のテクニックについてお話ししている動画です。主にプレイヤーの方向けですが、小咄や最後に演奏もしているので是非覗いて頂けたら嬉しいです。ついでに高評価もつけて頂けたら喜びます〜

下記にURL貼り付けておきますので是非そこからYOUTUBEにダイレクトジャンプ!して頂ければと思います。

では、まだ世界中が元気のない日々続いていますがくれぐれもお身体には気をつけてお過ごしください。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

柳田茄那子


詳しくはこちら

NEW

2021.02.04(木):BLOG

Youtube動画をアップしました!


皆様ご無沙汰しております。

まだまだ心配な時期ではありますが、いかがお過ごしでしょうか。

今年入ってからはご挨拶が遅くなりまして失礼を致しました。

私は今のところ何のウィルスにも負けておりません〜!

が、1月中盤から若干首を痛めて整形外科通いをしておりました。今はすっかり治りましたが、昔左肩に起きた炎症など古傷をその都度調整しながらリハビリという名の整体に通っています笑

演奏の機会の方は、やはりコロナの影響でめっきり減ってしまって寂しいところです。

オーケストラに勤務しているわけでもないため、このようなときのソロのフリーランスは厳しいなあと思いながらも、暇になった時間を様々な分野の勉強に使えていることもあり、副業など始めながら新たな生活スタイルを始めております。

ありがたいことに教える仕事は生徒さん方が熱心に通ってくださって教えを絶やさずに続けられています。引き続き一生懸命指導を行なっていきたいものです。

さて、本日は本当に久しぶりに公式チャンネルの更新を致しました。

ヴァイオリンの右手のテクニックについてお話ししている動画です。主にプレイヤーの方向けですが、小咄や最後に演奏もしているので是非覗いて頂けたら嬉しいです。ついでに高評価もつけて頂けたら喜びます〜

下記にURL貼り付けておきますので是非そこからYOUTUBEにダイレクトジャンプ!して頂ければと思います。

では、まだ世界中が元気のない日々続いていますがくれぐれもお身体には気をつけてお過ごしください。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

柳田茄那子


詳しくはこちら

2020.12.28(月)

| NEWS |

NEW

   日本音楽財団ランチタイムコンサート 動画公開のお知らせ on Youtube


年の瀬ではありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日、今年の10月末に日本音楽財団さんのご協力により収録しました演奏動画がYoutubeにて公開となりました。

今年は、自粛からの一歩ということでオンラインで演奏をお届けする機会が何度かあり、沢山の音楽家やオーケストラがYoutubeやSNSを通じて音楽配信をしていました。

今後コロナがどうなるかまだまだ分かりませんが、音楽界も厳しい中色々な変化を求められ、そして変わっていく必要がありそうです。

今年は、ベートーヴェン250周年ということで、このコンサートプログラムにはベートーヴェン クロイツェルソナタ を選びました。動画時間の関係により一楽章と三楽章のみとなります。いつか落ち着いたら全楽章をコンサートで演奏できたら嬉しいです。

ベートーヴェン の時代にも戦争や疫病など暗い時代がありましたが、その中で生きてきた人のメッセージにはやはり強いものがあります。

私自身まだ足りないものばかりですが、少しでも作品を通してそのパワーを皆様にお届けできればと思います。

では、体に気をつけてゆっくり年末をお過ごしください。良いお年を!

*動画は、下記からお進みください。


詳しくはこちら

NEW

2020.12.28(月):NEWS

日本音楽財団ランチタイムコンサート 動画公開のお知らせ on Youtube


年の瀬ではありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日、今年の10月末に日本音楽財団さんのご協力により収録しました演奏動画がYoutubeにて公開となりました。

今年は、自粛からの一歩ということでオンラインで演奏をお届けする機会が何度かあり、沢山の音楽家やオーケストラがYoutubeやSNSを通じて音楽配信をしていました。

今後コロナがどうなるかまだまだ分かりませんが、音楽界も厳しい中色々な変化を求められ、そして変わっていく必要がありそうです。

今年は、ベートーヴェン250周年ということで、このコンサートプログラムにはベートーヴェン クロイツェルソナタ を選びました。動画時間の関係により一楽章と三楽章のみとなります。いつか落ち着いたら全楽章をコンサートで演奏できたら嬉しいです。

ベートーヴェン の時代にも戦争や疫病など暗い時代がありましたが、その中で生きてきた人のメッセージにはやはり強いものがあります。

私自身まだ足りないものばかりですが、少しでも作品を通してそのパワーを皆様にお届けできればと思います。

では、体に気をつけてゆっくり年末をお過ごしください。良いお年を!

*動画は、下記からお進みください。


詳しくはこちら

2019.12.31(火)

| NEWS |

   年末のご挨拶


今年も残すところ僅かとなりました。

おかげさまで今年一年、良い機会や人々との出会いに恵まれ、また沢山の方々にサポート頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

私ごとではございますが、今年4月に長い間私の音楽活動を応援してくれていた祖父が他界致しました。新年のご挨拶は失礼させて頂きます。

皆様には本年中のご芳情を厚く御礼申し上げますと共に来年も変わらぬご指導とご交誼をお願い申し上げます。

季節柄、一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。

令和元年12月 

柳田茄那子

2019.12.31(火):NEWS

年末のご挨拶


今年も残すところ僅かとなりました。

おかげさまで今年一年、良い機会や人々との出会いに恵まれ、また沢山の方々にサポート頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

私ごとではございますが、今年4月に長い間私の音楽活動を応援してくれていた祖父が他界致しました。新年のご挨拶は失礼させて頂きます。

皆様には本年中のご芳情を厚く御礼申し上げますと共に来年も変わらぬご指導とご交誼をお願い申し上げます。

季節柄、一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。

令和元年12月 

柳田茄那子

1 / 212

PAGE TOP

Page Top